Webマーケティングに絶対必須の2つのGoogle分析ツール

こんにちは。株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。

 

SEO対策、Webマーケティングを実践していく上での必須ツールを2つご紹介します。

 

それは何かというと、

・Googleアナリティクス

・Googleサーチコンソール

の2つです。

 

これら二つについては名前くらいは聞いたことがあったり、

Googleアナリティクスは入れているけど、Googleサーチコンソールは知らない、

という方も多いのではないでしょうか?

 

それで、二つにはそれぞれちゃんとした役割があります。

 

この役割を知らずにウェブ集客、ホームページ集客、SEO対策をしようと思っても、何から取り組んでいけばいいか、何を分析して改善していけばいいかわからない状態で進んでもうまくいくわけがありませんので、ここではしっかりとこの2つのウェブマーケティングツールを理解していただければと思います。

 

Googleアナリティクスは、

・どの地域や端末から何人くらいの人がアクセスしてもらっているか?
・どれくらいの時間滞在しているか?
・どのページが見られているか?
・どのくらいコンバージョン(成約)しているか?

といったことを分析、改善するためのツールになっています。

つまり、SEO対策のことについてはほぼ分析、改善することはこのGoogleアナリティクスではできません。

なので、SEO対策とは、GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンに以下に上位表示されて、
アクセスを集めるか?という部分になりますので、このGoogleアナリティクスを見ているだけではそれを分析、改善することはできません。

 

それで、その部分を担っているのが、2つ目に紹介する、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)なのです。

 

このGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)は、

Googleが求めるサイトにするためのSEO診断、SEO改善をするためにGoogleが用意をした無料のウェブサイト管理者向けツールです。

要は、Googleのビジネスモデルというのは、収益源が広告収入になります。
そして、検索エンジンというのは、無料で世界中に解放しているプラットフォームですから、このプラットフォームが快適にユーザーに使ってもらえるようになれば、それだけ広告収入も増えるわけですから、ウェブサイト管理者には、正しくSEO対策を行ってもらうことで、検索エンジンには世の中のユーザーにとって価値のある情報が増えていくことになるわけです。その価値ある情報を正しく発信してもらい、正しい検索エンジン対策をしてもらうよう教育、診断する役割をサーチコンソールは担っているのです。

 

それで、私が問題視をしているのが、世の中のWeb制作会社、Webコンサルティングと謳っている会社のほとんどがこれら二つのツールをしっかりと使いこなせていなく、かつクライアントさんにもちゃんと説明をしていません。なぜなら、これらのツールの本質を知らない、理解していないからです。

 

私も今年に入ってから、その問題に着目し、ここの使い方をもっと世の中に広めなければいけないと強く思い始めました。

それもあって、最近この二つを少し深掘りして研究するようになりました。

 

そして、まずは自社サイトでテストをということで、自社サイトのSEO改善に取り組んでいるところです。

それで、特に2つ目に紹介したサーチコンソールをもっと活用してほしいのです。

これは、本当に優れたツールなんです。

 

なんでかというと、先ほども説明したようにGoogleが世の中のウェブサイト運営者に正しくSEO対策をして、ユーザーに最適な情報を提供してもらうために、わざわざGoogleがここを改善すれば、検索エンジンの評価を上げられますよ、と問題点を指摘してくれるのが、このサーチコンソールというツールなのです。

 

そして、

どんなキーワードでサイトにアクセスが来ていて、

そのキーワードで何回検索結果に表示されて、

そのうちの何件が実際にサイトに流入しているか、

検索順位が何位を維持しているか、

 

というところまでわかるようになっているのです。

 

でも、この記事を読んでいる方のほとんどがそのことを知らない、ないしはまったく活用をしていないと思います。

なので、この辺りのことを中心に何に着目して、サイト改善を行っていけばいいのか?SEO対策は具体的に何をやっていけばいいのか?

ということを定期的にセミナーやこのコラムを通じてどんどん発信をしていきたいと思っています。

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。