Googleストリートビューのメリットと集客に活用できるか?

こんにちは。
株式会社マーケティング・エッセンシャルズの伊藤大輝です。

本日は、Googleストリートビュー(インドアビュー)について記載させて頂きます。

なぜなら、本日Googleストリートビューを使った集客のセミナーに参加してきましたので
簡単にストリートビューとそのメリット、必要性について書かせていただきます。

1Googleストリートビュー(インドアビュー)とは?

まずは、Googleストリートビュー(インドアビュー)とは、簡単に言うと、
Google検索で使用できるGoogleストリートビューと同じで建物内を360度見渡せるサービス。
Google検索又はGoogleマップからお店や商業施設などの店内を360°見ることができ、
自社ホームページのリンクを貼り付けることも可能。
飲食店、小売店といったお店以外にも、サロン、ホテルなど、いろいろな店舗が対象。
ネットで、いつでもどこでも、世界中のあらゆる店や施設の内部を見ることができます。

 

2 Googleストリートビュー撮影方法

撮影方法は大きく2種類です。
正規代理店に依頼するかもしくは、ご自身で撮影するかです。(おそらく無理ですが・・・)
正規代理店で撮影を依頼した場合はGoogleが定めた認定テストに合格したプロカメラマンが撮影。
このGoogle認定のパートナーになるために厳しい条件があり、
Google審査機関のチェックに合格したストリートビュー(インドアビュー)を50枚以上公開すること。
この条件に合格した方だけが認定パートナーとして認められます。
その他にも実際にインドアビューでも通行人の映り込みや車のナンバーのぼかし加工など
プライバシーへの配慮が必要。

 

3ストリートビューのメリットと対策

ストリートビュー導入のメリットですが、
Google検索した際に例えば、「栄 居酒屋」と検索します。

 

 

 

 

 

 

 

検索すると上位に地図が表示されます。

Googleのアルゴリズム(ルールみたいなもの)でこの順位を決める際に影響してきます。
この上位表示の要因は3つあります。(優先度の高いものから)

1) 検索した人の位置情報から半径400m以内が自動的に表示

2) クリックされた際の閲覧時間(画像、リンク先のHP含む、インドアビュー)

3) Googleローカルページの完成度
カテゴリー設定(居酒屋、レストランなど)写真添付(最高299枚掲載可)、HPへのリンク、営業時間記載、その他詳細情報の追加

この3つ要因が上位表示する要因です。
対策できる点としては 2)の閲覧時間の改善です。
Googleストリートビューや画像をたくさん入れ込む事で上位表示される可能性があがります。
Googleストリートビュー撮影以外はご自身で修正や対応可能です。
やっていただいた方がよいと思います。

 

4 Googleストリートビューは集客に必要か?

最後にストリートビューは集客に活用できるか?
答えは「NO」です、なぜなら、本質的ではないからです。実際にセミナーに参加していた、骨董品屋さんのオーナー様とお話ししましたが、同じ回答でした。本質的ではないと・・・

Googleストリートビューを否定するつもりはありません。
ユーザーさんにとっては店内を見られることは情報量が多いことは良いことです。
僕自身もストリートビューがあれば見るかもしれません(笑)

大切なのは「本質」です。
本質を知りたい方は代表の栃本が動画解説してますのでよろしければどうぞ!!
https://www.youtube.com/watch?v=7yYSMGNiTpQ&feature=youtu.be