やってはいけないSEO対策(スパム行為)

こんにちは。
株式会社マーケティングエッセンシャルズの伊藤大輝です。

HPをお持ちの方ではご存知ですか?
やってはいけないSEOスパム(検索結果での順位を上げるための行き過ぎた対策)について。
順位が上がる理由はサイトの状況によって異なりますが、
これをやると下がるというのは共通です。

 

順位を上げるために情報ばかり追い求めると知らないうちにやってしまう事もあります。
結果、知らず知らずに順位を下げられたり、検索結果に反映されないなどのペナルティを
受けることがあります。

では具体的なSEOスパムについて紹介させてただきます。

 

明らかにスパムと認識される行為

 

無断転載(コピーコンテンツ)

最近はNAVER まとめがこの問題でwebサイトを閉鎖しましたね。
しかし、こういったまとめサイトだけでなく、個人のサイトでも
他のサイトからコピーコンテンツはいけません。

 

隠しテキスト

背景と同じ色でテキストを入れ込んだり、テキストサイズを0とか1で表示して
ユーザーには見えないが、検索エンジンにだけ読み取ってもらおうとする事。

 

クローキング

クローキングとは何?と思うかもしれませんが、簡単に言うと
Googleの検索エンジンとユーザーとで別のHTMLを表示されることを言います。
もし、こんなサイトばかりだとユーザーが検索した際に関連性の低いコンテンツが多くなり、
ユーザーが検索エンジンを使わなくなってしまいますからね。

 

別サイトへのリダイレクト

今度はリダイレクトとはなんだろう?と思いますが、
リダイレクトとは、例えば、HPをリニューアルした際に元のドメイン(◯◯◯.com)が変更になり
新しいドメイン(☓☓☓.jp)に変更なった時にリダイレクトという作業しないと
元のドメイン(◯◯◯.com)のサイトへアクセスした際に「このページは存在しません」となります。
サイトを見ることができません。
ユーザーさんが新URLを知らずにアクセスした場合に利便性と機会損失を防げます。

 

ドアウェイページ

ドアウェイページとは別のページやサイトに誘導させるために作成されるクオリティーの低いページの事を言います。

 

 

一昔前に流行ったけど、今はNGな行為

関連性なく被リンクを集める

簡単に言うと、実は現在のSNSで行っていることはスパム行為なんです。(すべてではありませんが)
ブログやSNSのコメントができるサイトはほとんどがno followが付くので大丈夫ですが
この行為自体はスパム同様です
※no followとは検索エンジンにリンクを無効してと伝えること

 

キーワードを入れ込みすぎる

本文、見出し、タイトル、グローバルメニューなどに
明らかにキーワードを入れ込みすぎるのはいけません。
また同様に都道府県、地域名を大量にいれるのもダメです。

例えばこんな感じです。

◯◯歯科の医院紹介
◯◯歯科のスタッフ紹介
◯◯歯科の料金ページ
などなど

 

フッターの大量リンクを記載する

フッター(HPの下部に)大量にリンクを貼ることもいけません。
一昔前はよく見かけましたが・・・

 

 

サテライトサイト(別サイト)からリンクを送る

こちらも一昔前はSEO会社が行っていた事です。
クオリティーの低いサテライトサイトにメインのサイトの被リンクをたくさん集める行為です。
サテライトサイトは悪いものではありませんが、良質なコンテンツで作成すれば良いサテライトサイトになります。

 

スパム行為とは〜まとめ

楽にアクセスをあつめるうまい話には気をつけなくてはいけません。
今でも、SEO会社からそのような電話があるかもしれませんが
そんなうまい話はありません。

これからもさまざまなスパム行為が出てくると思いますが、
あくまで、ユーザー目線でサイトを作成していれば、スパム行為と認識されることは
ないと思います。
ユーザー、検索エンジンからも信頼されるには営業と一緒で地道な行動が必要のようです。