合同会社イーポート 尾畠 悠樹 様 申込内容: グーループコンサル/養成講座


宅建協会様でセミナー講師、

不動産会社からランディングページの受注!!


どういうきっかけで申込みしようと思ったんですか?

今は、不動産専門セールスコピーライターという肩書きを名乗らせていただいてるんですが、昔からやっている事業には「システム開発」「プライバシーマークコンサル」があります。その2つだけでは景気や社会の動きに左右されてしまうと思い、新しい事業をプラスしたいと考えていたのがきっかけです。その思いから、栃本さんに連絡を取らせていただきました。

元々、栃本とはお知り合いだったんでしょうか?

いいえ。一方的に知っていたという感じです。栃本さんって、有名なんですよ!ダイレクト出版が発行している媒体に載っていたりして。
だから、この人に連絡取ってみようと思って、問合せフォームから連絡をし、ご案内いただいたセミナーに参加したんです。

申込みされるときに迷いはありませんでしたか?

ありませんでしたね。僕が申し込んでいるのはグループコンサルなんですが、自分だけよりも他の人とやったほうが成果があがると思ったんです。
自分一人でもできなくはないと思うんですが、そういう新しい事を考えたり実行する時間がとれず、目の前の仕事に追われてしまったり、後回しになったりしそうでした。みなさんもそういう環境ってあると思うんです。それが、グループでやると自分だけやらない訳にはいかないので、自分を追い込む事ができるな、そのほうが成果があげられるな、と思いました。
だから、妻にも特に相談しませんでした。まあ、他人に相談すると内容をわからずアドバイスされて反対されるだけなので、基本は相談しないんですけどね。
また、コンサルでもいろんな方がいらっしゃると思いますが、ノウハウ系コンサルはダメというか、合わないなと思っていました。例えば、「facebookやるといいですよ」とか、そういうのって、流行があってずっと使えるものじゃないと思うんです。僕が求めているのは、流行や時代に左右されない「ベース」を変える事だったので、栃本さんのセミナーを聞いて求めていたものと合致したので申込させていただきました。

グループコンサルと養成講座をスタートされて良くなったことを教えていただけますか?

グループコンサルをはじめてまだ2ヶ月なんですが、すでに、自分の新しいポジショニングが決まりました。「不動産専門」セールスコピーライターというのがそれに当たります。
システム開発の流れで、新築や分譲の広告の相談をいただくことはあって似たようなことはやらせていただいてたんですが、それを肩書にするっていうのはグループコンサルにしたからこそできたことですね。業界を絞ることで業界知識も深まり、より専門的に頼られるようになると思います。
他には、営業のやり方を教えていただきました。アポとって行くっていうシンプルなものですが、自分だけでは進んでやれなかったですね。効果が出るかわからないものへの行動は遅くなってしまうので、負荷を与えていただけたのが助かりました。
また、いろんな人と知り合えたのは意外と良かったです。普段では知り合えない業界の方と、それぞれ自分のビジネスの話ができて参考になりました。他の業界の話も参考になるものですね。

グループコンサルと養成講座を勧めるとしたら,どんな方に勧めますか?

自分のビジネスをやりはじめた人だけではなく、何年かやってもっと伸ばしたいという人にもおすすめです。現状を振り返ることができますし、定期的な振り返る場があるので、忙しい方にとっても良いと思います。
逆に、起業前で自分のビジネスを全くやったことがない人は、勧められないです。やりたいこと等の、もっとベースのところから考えていかなければいけないので、せっかく受けても形になっていかないと思います。

今後はどんなことを期待しますか?

期待というか、まずは決めたことを100%やることです。毎回会うたびに「ブログやりましたか?」と言われるんですが、ブログも書きます 汗。また、不動産業界の方々に「新しいものを売りたい」とか「集客数を増やしたい」とかの悩みがあることはわかったので、業界知識をさらに深め、期待に応えたいですね。