高齢者向け配食弁当 株式会社ハッピーライフ 神谷一夫 様 個別コンサルティング


目標の販売食数の達成間違いなし!

お弁当の販売食数がコンスタントに毎月5〜10%アップ!


どういうきっかけで栃本のコンサルをはじめられたんですか?

経営でつまづいていたというか、悩んでいたというか、、、自分の思うことがあっても上手く社員さんに伝えられなく、社員さんへのフォローが後手後手にまわってしまっていて、とにかく、上手く会社を回せられていなかったんです。お恥ずかしいですが…。
社員さんの満足度を上げるためにも気持ちだけじゃ駄目で、やっぱり利益がないと上手くバランスがとれません。そこで利益を上げるためにマーケティングを勉強しよう思い、いろいろ探していたタイミングで栃本さんのコンサルを知りました。

他にも取り組まれたことがあるのでしょうか?

そうですね。栃本さんにお願いするまでは、ネットサーフィンでいろいろ探しました。
例えば、本をいくつか買いました。青木 毅さんの「質問型営業」という本だったり。あとは、米満和彦さんと杉山寛之さんのコンテンツでも勉強させていただきました。
経営者のためのコンテンツなので、利用されている方やご存知の方も多いかもしれません。実は、そのメルマガで栃本さんが紹介されていたんです!「名古屋で唯一のDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」とあって、面白そうと思ってスタートしました。

そのとき、どういうお気持ちで行動されていたんですか?

どうにかして変わらないと!変わらざるを得ない!そんな気持ちでした。自分だけのことでなく、社員さんも関わってくることです。放っておいたら沈没するのはわかっていたので、やるしかないと思っていました。
また、はじめたところで今日明日ですぐ変わるものではないと思っていたので、まずは、今よりかよくなれば良いという思いでした。

コンサルを受けられて具体的にはどんなことをしましたか?

まずは、理念経営ができるように栃本さんと話をしました。自分の考えをしっかり持ち、どうなりたいかを、計画や方針に落とし込んでいきます。社員さんに力を発揮してもらうためには、そういう、会社の芯になる部分も大切だったんですね。
そこが弱かったんだと気付かされました。
他には、チラシやニュースレターを作っていただいて撒きました。
チラシは手配りです。私が行なっている事業「高齢者向け配食弁当」はケアマネージャーさんがキーパーソンになってくるわけですが、わざわざケアマネさんに会いに行き、配るようにしています。すると、「そんな良いサービスがあったんだ!」「知らなかった〜」等と、意外と評判がよく、おかげ様で、毎月5〜10%ずつ販売食数が増えています。
1月は2300食だったのが、7月には3000食まで増えました。ケアマネさんに会うようにしていることで、顔見知りになり、交流がなかった人とも繋がりました。すると、「あんたのとこ使ってあげるわ」と知り合いになれたことをきっかけに受注に繋がったこともありました。
まずは3500〜4000食を目指しているんですが、それも達成できそうです。これは自分ひとりじゃできなかったと思います。栃本さんありがとうございます。

次に目指すところは何ですか?

今は求人が課題です。まだ私自身が、事務もやったり現場でお弁当を配ったりもしているので、とても手一杯なんです。経営の部分にもっと時間を使えるよう、自分の右腕として働いてくれるようなスタッフを持つことが目標です。
そのために、先程、理念経営の話をだしましたが、「この会社に行ってみたいな!」と思えるような会社づくりを、バタバタな現場を社員さんと少しずつ改善しながらしていきたいと思います。

栃本を紹介するとしたらどんな人を思い浮かべますか?

経営に行き詰まっている中小企業の社長さんでしょうか。今さら聞けないとか、誰にも相談できないとかあるかもしれないんですが、本を読むだけではわからないこともたくさんあります。上手くお互いに使っていけばいいと思いますし、それも一つの手だと思います。
順調に行っているときほど、誰かのアドバイスを聞きたい場合もあるので、順調にいっている会社も当てはまりますね。

今後はどんなことを期待しますか?

目標は達成しそうなので、もっと結果を出していきたいと思います。忙しさに追われて、なかなか出来ていないことも多いので、そこは厳しく言っていただいて全然OKです。今後ともよろしくお願いいたします。