セールスライティングのスキルを身に付けたい人は他にいませんか?

こんにちは。
株式会社マーケティングエッセンシャルズの伊藤大輝です。

先日、セールスライティングスタートアップセミナーに参加してきましたので、ご報告とセールスレターの必要性を紹介させてください!!

まずは、そもそもセールスライティングって何?

簡単に言うと、広告で商品やサービスを売るための文章のことで、行動を起こさせるためのコピーの事です。

例えば
ヘッドライン
・あなたは◯◯でこんな間違いをしていませんか?
・◯◯を手に入れて今すぐ△△する方法

続き読みたくなるコピーですよね?
こんな感じで文体で商品やサービスを利用することでどんな満足が得られるかを伝えます。

最後に
・無料セミナーはこちらからお申し込みください。
・先着◯名様にはパンフレットをプレゼントさせていただきます。
などで行動を促すのが一連の流れです。

なぜセールスライティングが必要なのでしょうか?

答えは時代背景にあります。

例えば
・テクノロジー変化
・ライフスタイルの多様化
・消費者の行動の変化

上記は商品やサービスの売上に大きく影響しています。
なので、社内では「最高の商品・サービスなのに売れない」こんな悩みがあるのではないでしょうか?
時代背景影響されずに「売れる文章をつくって商品を売る」そんな悩みを解決するのためのセールスライティングです。

 

売れるセールスレターを書くには

書くのが苦手な僕にも大丈夫です!!なぜなら・・・

良いセールレター書く要素は3つです。

1 背景を知る。
2 リサーチをする。(顧客、サービス体験者へのインタビューなど)
3 スワイプファイルを真似する。(過去に売れたレター)

簡単に売れるセールスレターを書くには3が重要です。
売れているレターを真似することは問題無いようです。
むしろそういう広告がばかりだと、セミナー講師が話してました。(笑)
実績なし、経験なしで売れるセールスレターを作りたい場合は真似することが大前提。

 

ピアノコピー

有名な広告としてジョン・ケープルズというコピーライターが書いた米国音楽学校の通信講座で使われたヘッドコピーです。

私がピアノの前に座るとみんなが笑いました。でも弾き始めると!
アーサーはちょうど「ロザリー」を弾いたところだった。部屋は拍手で沸き返っていた。これは私のデビューを飾るドラマティックな瞬間だと確信した。友人すべての驚愕を目の前にして、私は自信たっぷりにピアノに向かって歩を進め、その前に座った。
「ジャックはトリックでもしようというのか」とくすくすと笑ったものがいた。
聴衆も笑った。彼らは私が一音も弾けないと思っていた。「彼は本当にピアノが弾けるの?」と、ある少年がアーサーに向かって言っているのが聞こえた。アーサーは「神にかけてもいいが、彼は弾けないよ」と、叫んだ。「彼は人生で一音も弾いたことがなかったんだ・・・でも、見てみろよ。恰好はさまになっているじゃないか。」
嘲笑のなか、シルクのハンカチを取り出し、ピアノの鍵番のチリを軽くはらった。そしてちょうど、バデレフスキというピアニストが劇場でやったのを誰からモノマネしたのと同じように、立ち上がって、ピアノのいすを4分の1回転させた。
聴衆の後ろのほうから「あれはいったい何の真似だ?」という声が聞こえた。「おもしろいじゃないか!」と呼応する声があり、聴衆一同、笑いのうずに巻き込まれた。
ピアノを弾きはじめると
(以下、略)
この後、ピアノを弾いて、まわりのみんなから拍手喝采を浴びて、人気者になるというストーリーが続き、ピアノ講座へつなげています。
負け犬からのヒーローのなるストーリーです。

 

実際にアレンジしてみよう!!

これを真似して、起業した方向けにコンサルを売りたくてアレンジして使うとしたら、、、

コンサルタントの場合
「独立したいと」といったら、同僚たちは軽蔑した目でバカにしたように笑った。
でも、独立して3年後に再会した時、彼らの態度は、、、

ダンス教室の場合
僕がステージに立つと、彼らはにやりと笑った。
でも、僕がダンスを踊り始めると、笑いが驚きに変わった、、、

「この星で一等賞になる」そう言ったら、まわりのみんなは笑った。
でも、僕のスマッシュを見ると、、、
(映画 ピンポンより)

真似していいの?と思うかもしれませんが、一語一句が同じであったり、同業者で真似しなければ、大丈夫です。
お客さんにとって商品やサービスが魅力的なるようにアレンジすれば、簡単かつ、時間をかけずに作成できます。

 

なぜ、真似するかは?

セールスライティングは成果を出すことが目的です。
そのためにはスピードは重要です。
早く書けば、PDCAのサイクルが早くなりますし、過去に実績のあるセールスレターであれば、
成果の出る可能が高いです。
セールスレター(売れる文章)あればそれが商品になります。
そしてこれらをメルマガ、動画、ブログ、SNSなどメディアに掲載できて、
広告することができます。

まとめ

セミナーに参加して、売れるセールスレターを書くことは真似する事だとは思いませんでした。
経験ののあるセールスライターも過去のセールスレターを真似する事は多いようですし、
真似した方が成果が出やすいようです。
まず、売れているセールスレター(スワイプファイル)を集める事が売れるセールレター書く第一歩ですね。